2014年07月31日

那珂川(黒羽地区)の魚

RIMG0014.JPG

この魚は、オイカワ。
熱帯魚と思えるほどの綺麗な色とひれを持っています。
今の時期那珂川(黒羽地区)で毛鉤釣りをすると必ず釣れるので見たことある人も多いと思います。
また、地方によってさまざまな名前で呼ばれる魚です。

でも、ここまで大きくなった成魚はこの夏が終わるころには死んでしまいます。
最後の産卵活動を済ませ、死ぬ間際が美しい。
人間よりはるか昔から地球上に存在した魚類。

この人類の祖先を超えられる人間はそれほどいない。

現在の那珂川の状態ですが、平水に戻り、釣れている人は型の良い物を釣っています。
かなりの荒瀬で釣っていましたが、50匹は超えているのではないかと。
浅瀬ではこのサイズは無理ですし、こんなに釣れません。
久々に友釣りの上手な人を見ました。
posted by COOL-1 at 21:28| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

真夏のどぶ釣り

RIMG0016.JPG

鮎釣をする人、特に友釣りしかしない人には、真夏のどぶ釣り(鮎毛鉤)を知りません。
地元でも台風などで大水が出て、友釣りができないときの釣りと思われています。
しかし、全く違います。

那珂川(黒羽地区)では、真夏でも普通に釣れます。
ただ、場所は解禁当初に釣れる場所とは全く違います。
ポイントはこのブログでも何度も書いていますが、本流の緩み、いわゆる小さなトロです。
なので、解禁当初だけ釣っている人には、その深い淵では釣るのが困難です。

目で見て、ウエイダー履いて釣らないと釣りになりません。
写真は、昨日の夕方1時間程度やって釣ったものです。
左から2番目と右から2番目は20センチオーバーです。
15センチに満たないものは放流しているので、実際はもっと釣れています。

群れ鮎だ、追星だの、苔の状態だの誰かの理論に踊らされている人には、友釣りはできても真夏の毛鉤はできません。
鮎の生態は、釣りに関してはプロも分かっていません。
那珂川(黒羽地区)でも本当にごく少数の鮎師にしかわからない領域です。
川を歩いた距離が釣果に比例します。
車で見渡せるようなところではないことは確かです。
posted by COOL-1 at 22:56| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

那珂川本流ルアーロッドは消耗品

IMGP6918.JPG

那珂川(黒羽地区)でのルアーロッドといえば、8フィートを超えるものが常識です。
20g位のルアーを上下左右に投げ、飛距離も必要なところもあります。

ロッドにかかる負担は相当なものです。
流れが激しい所では、ルアーを撒くのも一苦労です。
これが管理釣り場、湖との差ですね。

そして、下流で大物をかけたときの引きは凄まじいものがあります。
なので、僕の安いロッドは折れます。
高いロッドを買わないのはこのためです。
補修部品の値段も違います。

今日は川を観察していました。
入れそうなところ、魚の居そうなところ。
明日は、定休日でどこに入ろうか、鮎にするかヤマメにするか悩んでいるところです。

そうそう黒羽簗が完成しました。
水量が減ったとはいえ、当然、簗以外の水流は激しく、深さもあるので簗下の瀬を狙おうという人は十分注意してください。
posted by COOL-1 at 21:43| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ここ最近の那珂川(黒羽地区)

題名は本日の那珂川(黒羽地区)としたいところですが、さぼってしまいました。
毎日川は見ています。
梅雨も明けて、那珂川の水量も随分落ち着いてきました。

僕はといえば、朝4時起きでルアーやってます。
それから仕事。
黒羽簗の工事も終わり、状況は良さそうですが釣れません。

僕の言う黒羽地区とは水遊園がある湯津上地区は含まれません。
余笹川合流にいるヤマメも体長はある程度ありますが、黒羽地区本流で釣れるものと顔が違う。
本流で育ったヤマメが水温の低いところに集まったという感じです。
という訳で、余笹川合流は釣れているという話を聞いていても行きません。

餌釣りも断ちました。
ルアーのみでこの地区で釣るのです。

鮎釣でこのページを参考にしている方もいるので鮎情報を。
鮎が集まるポイントは減水すると変わります。
ポイントは教えられませんが、ウエイダーを履いて川沿いに歩いてみてください。
今年の那珂川はよく釣れますよ。
posted by COOL-1 at 13:27| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

今日の那珂川(黒羽地区)はルアー

釣り仲間が大きな魚が跳ねているとの情報を得て、仕事帰りにその場所へ。

本人はサクラマスと言っていますが、サクラマスは遡上の途中でほとんど餌を食べないので、あまり考えにくい。

そして、夕方。
確かに跳ねてます。

しかし、違います。
良く見てると、鯉、大きなウグイ、鮎です。

真っ暗になるまで何十回ルアー投げたでしょうか。
全く当たりありません。

夕方は厳しいですね。
やっぱり朝です。

それにしても水量が減りません。
鮎は絶好調ですが、本流ヤマメは厳しいです。
だからこそやめられない。

なんだか最近の日記が完全に「釣りバカ日誌」になっているのは気のせいでしょうか。
posted by COOL-1 at 23:32| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

NCロードスター水漏れ修理完了

先ほど僕のロードスターの主治医の郡司自動車さんから電話があり修理完了とのこと。
NCロードスターは幌の排水のところにメッシュのトレイが付いていて、そこで落ち葉とかの侵入を防ぎます。
しかし、細かい砂や土は入り込んでしまいます。

排水ホースには弁が付いていてこれが排水口からの虫の侵入を防ぐそうです。
せっかくトレイが付いているのだったら、排水弁も掃除しやすいところについていればいいのに。
この辺何か理由があるのでしょうか。

僕の主治医はさすがで、運転席側の排水弁もチェックしてくれています。
今現在カーペットを外して乾燥してくれているのだそうです。

僕のNCロードスターは、内装も大幅にカスタムしてあるので、整備書どうりにいきません。
でも、郡司自動車さんは完璧に修理してくれました。

いろいろなお店に車をお願いしていますが、その作業の丁寧さ、誠実さ、そして知識。
どれをとっても優れたお店です。

特にロードスターは有名店にも引けを取りません。
ぜひお近くの方は郡司自動車さんへ。
posted by COOL-1 at 18:26| Comment(0) | ロードスター(NC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の那珂川(黒羽地区)

今日は僕の定休日。
朝早く起きたかったけれど、無理でした。
なので、ルアーは断念。

そして鮎開始。
9時くらいからお昼休みを挟んでやりました。
妹が実家に来るので今日は全部お持ち帰りです。
50匹釣ったら、やめようと思って3時くらいに50匹達成。
今日の分終了です。

平日だというのにあちこちで毛鉤の人達を見かけます。
釣り仲間の話だと、高岩の方にもいて、ロープで途中の岩に降りて釣ってる人もいたそうです。
危険なのでやめた方が良いと思います。
楽しんでこその釣りです。
危険を冒してまで釣る必要はありません。

毎年那珂川で亡くなる人がいることを覚えておいてください。
そうなったら、きっと悲しむ人もいるでしょう。
釣り場自体が立ち入り禁止になる可能性もあります。
自分だけ良ければいいというものではないのです。

それに、そんなに危険を冒さなくても今年の那珂川には釣れる場所がたくさんあります。
posted by COOL-1 at 17:12| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

本日の那珂川(黒羽地区)

今日は仕事だったので、夕方那珂川(黒羽地区)へ。
いつものメンバーが馬鹿話をしています。
皆さん今日の分を含めると3日くらいで毛鉤で100匹以上鮎を釣っているので、もうしばらく鮎はいいんじゃないでしょうか。

さて、那珂川(黒羽地区)の状態ですが、水量はまだかなりあります。
地元の人はみんな毛鉤で、友をやっている人はいません。
濁りは随分取れてきました。

遠くから泊まり込みで遠征してきた人達だけ、川に入っていましたが、友釣りは難しいでしょう。
事故がなくて何よりです。

梅雨が明ければ、田んぼの取水口を開けます。
当然川の水は少なくなるので、これからが友釣りの本番ではないでしょうか。

そうそう今年は例年になく遡上が多いので、最初に遡上してきた鮎は随分大きくなってます。
逆に最近遡上してきたものはかなり小さいです。

友釣りの人は、針を何種類か持ってきた方が良さそうです。

もちろん、僕も竿を出しました。
2時間ほどで30匹。
持ち帰りは17センチと18センチの2匹だけです。
posted by COOL-1 at 21:18| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NCロードスター水漏れ入院

この梅雨時期に、ロードスターが入院しました。
気づいたら助手席したに水がちゃぽちゃぽ。

FBでは、親切な方から排水便のつまりを教えてもらいました。
NCロードスターでは比較的多い症状のようです。

僕の主治医にロードスター預けてきました。
あとはよろしくお願いします。
posted by COOL-1 at 20:59| Comment(2) | ロードスター(NC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

本日の那珂川(黒羽地区)

昨日の雨とは打って変わって今日の那珂川は晴れ。
時折、小雨がぱらつくくらいでした。

水量の出た日の翌日は那珂川(黒羽地区)は、鮎毛鉤の天国です。
人気のポイントには、朝4時から来た人も。
僕の行った朝6時くらいには、ごった返してました。

昨日ホームページの件でお話をさせて頂いた方も、もちろんいらっしゃいました。
僕は、30匹ほど釣って仕事へ。
もちろん15センチ以下は放流です。

そして、夕方行ってみると、まだたくさんの人だかり。
一度家に帰ったりした人もいますので、正確には分かりませんが、そこにいる人たちは50匹は皆さん釣っていました。
僕は上流の大岩へ。
やはり30匹ほど釣って15センチ以上をお持ち帰り。

天然鮎の引きは良いですね。
サイズも18センチくらいのものがかなり多くなってきました。
黄色いマークも綺麗です。

友釣りの人達も今日は毛鉤にチェンジしていたので良い釣果だったんではないでしょうか。

ポイントを書くと釣り仲間に怒られそうなので書きませんが、黒羽地区の昔から有名な淵では今の時期釣れません。
解禁初期だけです。
よく毛鉤の本に出てきそうなみんな並んで淵でやるということもありません。

流れのあるところの緩みで釣ります。
釣れる魚の大きさは、友釣りに負けません。
数も釣れます。

鮎の生態はまだまだ不明な点が多く、那珂川(黒羽地区)の川の奥深さにも脱帽です。
さすが漁師の川ですね。
posted by COOL-1 at 19:27| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

本日の那珂川(黒羽地区)

仕事帰りに那珂川(黒羽地区)見てきました。

1日中雨のお蔭で大激流。
さすがの僕も竿を出しませんでした。

今はやんでいますが、明日までにどの位濁りが取れるか。
水量がありますので、どうしても明日那珂川(黒羽地区)に入りたいという人は十分注意してくださいね。

来週のシマノの大会の参考にならないのは間違いなさそうです。
見るとすれば連休最終日でしょうか。
posted by COOL-1 at 19:58| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

本日の那珂川(黒羽地区)

RIMG0006.JPG

今日は、仕事を少し早めに切り上げて那珂川(黒羽地区)へ。
昼間は、パラパラ降る程度でしたが、夕方からは土砂降りに。
水量また増えました。
友釣りは、不可能な状態です。

いつものように河川パトロールしていると午前中から釣りをしていた方(もちろん鮎毛鉤)は、良い釣果を上げていたようです。
僕も雨が強かったので車降りてすぐ釣れるようなところで竿出し。
鮎毛鉤は、状況が悪いときに良く釣れます。
しかし小さい。

午前中から釣っていた人が、帰るというので、そこで竿出ししようと思っていたら、釣り仲間登場。
さらに別なところで顔見知りが釣っていました。
15センチ以下はもう逃がしているので、そこでは1匹のみ持ち帰り。
場所を変えて重りを重くして岩の後ろへ。

そこで来ました今シーズン初の20センチオーバー。
15センチクラスの鮎が子どもに見えます。
太さ、体高ともに立派な鮎です。
全部で4匹持ち帰りです。

ルアーができない分、憂さ晴らしができました。

PS.今日ホームページやってる方ですかと話しかけて頂いた方。正解です。また、お会いしましょう(^^♪
posted by COOL-1 at 21:05| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

本日の那珂川(黒羽地区)

晴れてるのになかなか水量が減らないなと思っていたら、また雨。
増水してます。
なかなか釣りには厳しい状況です。
最近は、鮎はやらずに本流ヤマメ狙いです。
流量、流速ともに速く、20gのチヌークではきついです。
その上が欲しくなりますが、僕は持っていません。
もう少し時間が必要なようです。
posted by COOL-1 at 19:37| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

本日の那珂川(黒羽地区)本流ヤマメ

IMGP6913.JPG

いつもそうですが、このブログで使っている写真は全て我が家の庭にあるものです。

そして、今日は定休日なので朝から本流いヤマメを狙いに。
今年釣れたポイントを一回り。
釣れません。

そして、今年は釣れなかった場所へ。
10投ぐらいしていると、ゴツッと当たりきりもみの引き。
本流ヤマメです。
急流だったので、なかなか寄せられず、やっと顔を拝見。
綺麗な銀色です。
が、ルアーをつかもうと思ったら暴れて、嬉しそうに逃げて行きました。
30センチクラスですが太い良い魚でした。

その後は、経営者としての仕事。
体重が激減する草刈です。

そして、夕方晩御飯のおかず用に鮎釣りに。
雨でしたが、大岩の後ろで良型連発。
1時間程度で10匹。

でも、本流ヤマメの前では役不足。
餌釣りだったら、もっと楽でしょう。
しかし、ルアー、毛鉤と疑似餌にこだわりたいのです。
もう意地です。
posted by COOL-1 at 21:37| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

本日の那珂川(黒羽地区)

IMGP6913.JPG

本日の那珂川(黒羽地区)ですが、濁りは少ないですが水量はかなりあります。

この時期ノロがでますが、これは毎年のこと。
田んぼの栄養素であるチッソ、リン、カリウムそして水温の上昇がノロの成長を助けます。
支流に入って釣っている人もいるみたいですが、生粋の地元釣り人は本流にこだわります。

那珂川は、天然遡上鮎で有名ですが、毛鉤釣りでも有名です。
従って、友釣りと毛鉤の両刀使いも多いです。
これは漁業で生計を立てている人が多い黒羽ならではのことですね。

僕は、夕方入って30分で8匹。
型も友釣りに負けません。

明日は定休日なので、朝から本流ヤマメ追いかけます。
posted by COOL-1 at 21:49| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

川の釣りの掟

IMGP6831.JPG

那珂川に限らず、川の釣りには絶対の掟があります。
これ破ると、喧嘩になるので、知らない人へのお知らせです。
簡単です。

「場所取りの禁止」「先行者絶対優先」です。

僕は、人がいない場所で釣ることが多く。
釣るポイントも少し違います。
でも、確実に釣れるポイントです。

隠し事は嫌いなので、聞かれれば僕の方法を教えます。
そのせいか、最近釣り場が被る人がいます。
仕事は自営業らしく僕より早くポイントにいる。

自分で見つけたポイントでも、僕は譲らなければなりません。
それは当然のことで、文句はありません。

が、その人必ずゴミを捨てていくのです。
決まって同じ種類のお茶のペットボトルと仕掛けを撒いてきた段ボールです。
毎回僕が拾うのですが、釣り仲間は僕がいるところと思っているので、僕が捨てたと思う人もいるはずです。
掃除するから捨てていくのか、でも掃除しないで見過ごすのはもっと嫌だ。

どこで釣りしてもいいけど、ごみだけは捨てないでほしい。
しかも、何度も見かけているのだが遊漁証を付けているのを見たことない。
以前那珂川の鯉釣りのマナーの悪さを書いたが、この人もその一人。
餌を入れてきた袋を捨てていく。

一度、僕が先行者の時に目の前に鯉のぶっこみの仕掛けを投げたので、お説教をしたのだが、こういう人には理解してもらえないようだ。
世の中に増えましたね、こういう人。
若い人は駄目ですよこういうの真似しちゃ。
posted by COOL-1 at 21:48| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

みんカラは、見ません

IMGP6824.JPG

どうも世の中相手の気持ちを考えたり、その場の雰囲気を読めない人が多くなってきました。
実名がないSNSは特に。
簡単に言えばめんどくさい。
今後は、基本的にこのブログとFBしか見ませんので、もし連絡をとりたいという人は、このブログかFBで友達申請してください。
直にメルアドを知っている人はそちらへ。
もちろん秘密は厳守いたします。
posted by COOL-1 at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

本日の那珂川(黒羽地区)

今日も帰り道に那珂川(黒羽地区)。
ダムの水量が増えているので、当然放水量も増えます。
結果、ミルクティのような川の色になってました。

ルアーはとても投げられる状態じゃない。

で、鮎に変更。
こういう時に真価を発揮するのが毛鉤。

支流との合流で1時間ほどで20匹。
15センチを超えた10匹ほど持ち帰り。

いつもの川仲間と少し会話。
この水量だとウナギの仕掛けもつけられないのでつまらないと言っていました。
さて、今度の僕の休日は台風明け。
ルアーに本腰です。
posted by COOL-1 at 21:49| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

本日の那珂川(黒羽地区)

IMGP6820.JPG

本日の那珂川(黒羽地区)ですが、水量はまだあります。
濁りもあります。
週末は台風でまた増水しそうですね。
また、ダムの放流で砂だらけにならないことを祈るのみです。

今日は、鮎釣に飽きてきたので、ルアーです。
鮎と違い全くあたりがありません。
当然、鮎と違って一匹も釣れません。

本流ヤマメは厳しいです。
朝狙って、夕方狙ってもう何十日。
心が折れそうです。
でも、ガツンと来て底へと、ぐいぐいひっぱるあの感触は良いんですよね~。
それだけを願ってまだまだ狙いますよ。
posted by COOL-1 at 19:46| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

お食い初め

IMGP7013.JPG

我が家の次男坊も早いもんで、お食い初めです。
普通は鯛でしょうが、我が家は天然鮎です。

30匹ほど那珂川(黒羽地区)で釣ってきました。
支流には入りません。
意地でも本流です。

今日は鮎釣りに来てた人から、鮎料理のちょっとしたコツを聞いてそれを実践。
うまくいきました。

さて、那珂川(黒羽地区)ですが、まだ水量がかなりあります。
本当はサクラマスといきたかったところですが、無理でした。

この時期の那珂川(黒羽地区)は、鮎の人達がたくさんいるのでかなり苦戦します。
鮎もそれなりに楽しいのですが、サクラマスの魅力にはかないません。

なんとか1本あげたいな。
posted by COOL-1 at 18:17| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

鮎毛鉤の美しさ

IMGP6971.JPG

これは、僕が鮎釣りに使う毛鉤。
全国に数千ともいわれる種類があります。
伝統工芸品にもなっています。

有名どころとしては、加賀、播州、土佐そして下野があります。
僕の大好きな那珂川の毛鉤は、下野と呼ばれ、毛鉤のポイントごとに名前がついています。

鮎と言えば現在は友釣りですが、毛鉤はそれよりはるかに歴史のあるものなのです。
そんな鮎の毛鉤に魅せられたのが僕です。
知れば知るほど、その魅力に取りつかれます。

那珂川は、昔から毛鉤の川として有名で鮎釣師なら聞いたことない人はいないでしょう。
それだけ淵があり、自然のままの風景が残された川です。

釣り方は、いろいろありますが、一言で言えば優雅。

わずか1センチにも満たないその毛鉤は、1本1,000円位のものまであります。
金色の部分は、漆を固めたものに金箔を張ったものです。
1本1本手作り。

そして、その時の状況や気分によって毛鉤を選び、そこに鮎が食いつく。
これがたまらないのです。
posted by COOL-1 at 21:17| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイワの大会決勝(那珂川)

昨日は、前回途中で中止になったダイワの那珂川(黒羽地区)の決勝が行われたみたいですね。
全く興味ないので、知りませんでした。

また、雨の中での釣りだったので苦戦した人も多いのではないでしょうか。

僕は、仕事帰りの30分だけ竿出し。
20センチにもう少しで届くような鮎も釣れ始めましたね。

毛鉤のいいところは、友釣りで釣れない状況でも釣れること。
30分で20匹釣って終了。
もちろん、タバコの箱位の鮎は全て放流して数には入れてません。

それにしても、大会の参加者なのか見学者なのかゴミが多いです。
今日も拾えるだけ拾って帰りました。

釣りしか興味がなく、那珂川に興味のない人には釣れません。
那珂川に興味があれば、苔の状況を含めて川の変化に気づきます。
釣れるコツはそこなのです。
posted by COOL-1 at 05:05| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

本日の那珂川(黒羽地区)

今日も雨もなく、那珂川(黒羽地区)は平水よりちょっと水がある状態。
7月に入り、川の淵でどぶ釣り(毛鉤)する人も少なくなりました。

僕も毛鉤ですが、大きな淵は使わないので一般的などぶ釣りとは違います。

基本的に太い本流の水の緩やかなところで釣ります。
重りも8号以上を使います。
竿は渓流竿で、7メートルか9メートルのもの。
どちらもどんな大きな鮎にも対応します。

尺クラスの鮎にも対応できるのは、このおかげです。
糸はフロロの2Lから4L。

今日は、精神科への通院日だったのでお医者様にも、釣りに行けてますか?と聞かれました。
釣りは近場ということもあり、唯一めまいが起きない。
そういうことを徐々に増やしていきましょうねとやさしいお言葉。

そして、午後釣りへ。
30匹釣ったところで終了。
10センチ程度のものは放流しているので数に入れていません。
今の時期の鮎は、塩焼きでも頭からしっぽまで全部食べられます。
一番おいしい時期かもしれません。

それにしても、那珂川釣れています。
もっとも毎日、那珂川を見ている人達とその他の人ではかなりの差が出ています。
得てして、竿や道具、服装は釣果とは反比例してしまうのです。
posted by COOL-1 at 19:29| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

本日の那珂川(黒羽地区)

本日も仕事帰りに30分ほど竿だし。
今の時期は、鮎の人達で川がざわついているので、ルアーはできません。

という訳で、僕も鮎。
夕方ということで入れ食い。
20匹以上釣りましたが、10センチちょっとは全て放流。
8匹だけ持ち帰り。

水量はかなりあります。
今現在も降っているので、明日の釣りは難しそうです。

漁協の友人が、「もう、すぐ上まで土砂降りが来てるぞー」とわざわざ伝えに来てくれて竿をたたみました。
実を言うと、幼馴染なんです。

車に乗り込んだとたんに大雨。
助かりました。
posted by COOL-1 at 20:31| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

N−BOX買いました

main_04.jpg

N−BOX買いました。
写真は、ホンダのHPから拝借。
色はこの色です。
SSパッケージのターボ4WD。

最近の軽自動車は飛躍的に進歩しましたが、値段も比例して高くなってます。
僕の釣り専用車と言いたいところですが、子供の面倒を見てくれる両親への贈り物です。
子ども達の安全と両親の運転の不安を考えるとこの車しか残りませんでした。

この色のN−BOXを見たら、煽らずに抜かしてください。
posted by COOL-1 at 20:11| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。