2014年08月31日

本日の那珂川(黒羽地区)

RIMG0052.JPG

本日は家業の日、一日草刈でクタクタです。
しかし、夕方竿出し。
夕方だというのに人がかなり入っていました。
いわゆる川が荒れている状態です。

水量は普通でしたが、濁りが少しあり、さらに友釣りの人達の巻き上げる砂が鮎を警戒させます。
こういう日は、毛鉤には不利になるんです。

よりによって、僕が竿出しした後に友釣り師が。
平気で僕の竿先前を移動します。
しかも、おとりの後ろが長すぎる。

最近は、マナーも以前より良くなってますが、まだこういう人がいるのは残念。
どうしても前を渡りたいなら、声をかけるのがマナーです。

僕の釣果は、1時間位でこの位。
あまり気分よくできませんでした。
posted by COOL-1 at 20:06| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

那珂川(黒羽地区)で必携の鮎毛鉤

RIMG0051.JPG

今日は、仕事中に平山釣具店(黒磯駅前)の奥さんから電話。
毛鉤届いたよ~。

仕事はすでに頭の中から消えていました。
僕は隠すつもりもないので、僕のシーズン通しての鉄板毛鉤です。
良く見たことない赤い毛鉤を使っていると言われますが正体はこれです。

勝岡毛鉤の代表作ともいえる「花しょうけい」シリーズの2号です。
これを4号針ハリス0.6号赤角で作ってもらいます。
枝針に青ライオンやサキガケなどを使います。

普通は、こういうことって話さないと思いますが、どぶ釣り師を増やしたいのです。
しかも、正統派のどぶ釣り師です。
高速で竿を動かすのは、ただの引っ掛けです。
解禁初期しか釣れないというのは迷信です。

口で食わせない毛鉤はどぶ釣りで釣ったとは言えません。
友釣りよりはるかに歴史があるどぶ釣りを絶やしたくないのです。
鮎毛鉤を無くしたくないのです。

さらに言えば、釣る時間は朝5時から6時前後と夕方4時から暗くなるまでです。
この2時間程度の時間で20匹以上狙えます。
型も友釣りに負けません。
昨年も31センチの尺鮎を同じ毛鉤で釣っています。

今年も狙います。
そうそう、陸から釣っていても無理です。
僕は9メートル以上の竿で腰まで水に浸かるところで釣っています。
鮎が朝、夕集まるところはそんなところです。

鮎の毛鉤釣り師が増えることを願ってやみません。
一度矢組辺りのアユの跳ねを見てみることをお勧めします。
ここなら車からちょっと遠いですが岩盤の下で跳ねてる鮎が見えます。
その他に黒羽地区では鮎が跳ねている所がたくさんあるのですが、それは探してみてください。
posted by COOL-1 at 21:49| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

本日の那珂川(黒羽地区)

RIMG0050.JPG

今日は月に一度の病院通院デイ。
お休みを貰って、午後2時間ほど竿出し。
とにかく寒かったです。
冬用のウエイダー持って行って正解でした。

どぶ釣りは腰位まで水に浸かって釣るので、手も凍えるほどの寒さ。
長袖にカッパを着て釣りしてました。

本日の那珂川(黒羽地区)ですが、ここ最近の雨で水は若干多め。
濁りも少し入ってます。

釣果はと言えば、写真のとおり。
毎回写真載せてますが決して同じ写真じゃありません。

今日の最大は23センチ。
ここのところ同じ型が続いていますが、これ以上の型がそろそろ欲しいところ。

毛鉤で釣りしていると友釣りの仕掛けを引きづっている奴がたまに釣れます。
もちろんおとりではありません。
今日の2番目に釣れた奴がそうでした。
友釣りの仕掛けを引きちぎる野生の鮎の引き。
これだから鮎はやめられません。
posted by COOL-1 at 22:04| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

那珂川でどぶ釣りするなら平山釣具店へ

今年の那珂川は鮎の豊漁の年です。
しかし、解禁初期は見られたものの、正統派のどぶ釣りの人はほんとにわずか。
毛鉤を置いてある釣具屋さんは、本当に少なくなりました。

毛鉤は、実物を見て買いたいものですよね。
僕は、播州、加賀、土佐針を使っていますが、特に播州の勝岡さんのものは品質が優れていて、まさに伝統工芸。
1センチ足らずの毛鉤が宝石に見えてきます。
大手釣り具店などで手に入るものとは、糸の撒き方、色使い全てにおいて異なるのです。

そんな勝岡さんの毛鉤を販売しているのが、那須塩原市にある平山釣具店さんです。
実物を見て買えるし、注文もできます。

店番の奥さんはとても気さくでいい人なのでファンになること間違いなしです。
僕もその一人です。
言い忘れましたが、大手量販店にも、通販にも負けないくらいの良心的な価格で釣り道具全般が買えます。
ぜひよろしくお願いします。

posted by COOL-1 at 20:19| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

どぶ釣りのバイブル

RIMG0044.JPG

表紙のカラーは、こどもに破られてボロボロになったので捨てました。

これまで、どぶ釣り師必読の本を紹介しましたが、これはその集大成ともいえる本。
いろいろな種類の毛鉤を見ることができます。

鮎はなぜ毛鉤を追うのか、いろいろな意見が書いてあります。
僕は1年中釣りますが、やはり分かりません。
でも、時期、川の状況、毛鉤の色はなんとなく分かってきたところです。

僕のメイングラウンドの那珂川が詳しく書いてあるので嬉しくなります。
人見釣具店のおじさんも紹介されてます。

どぶ釣りのバイブル、ぜひ手に入れてください。
posted by COOL-1 at 09:48| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

どぶ釣り師のための本

RIMG0041.JPG

どぶ釣り師こそ本当の鮎師です。
そう思わせてくれる貴重な本。
作者が無類の鮎好きでることがとても良くわかる本です。
どぶ釣りをする人だったら、絶対に読むべき本です。
posted by COOL-1 at 22:32| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

鮎が好きなら読むべき本

RIMG0040.JPG

昔から魚が好きで、魚の本はたくさん読んでます。
特に鮎関係の本。
今はインターネットでたくさんの研究者の論文も見ることができます。
実際のところまだまだ不明な点が多いというのが実際のところ。
この本では、その辺はまだ分からないときちんと書いてある所が素晴らしいのです。
釣り雑誌ばかり読んでいると、その人の固定概念にとらわれてしまうことが多々あります。
そして、この本の一番素晴らしいところは、鮎の生育環境から周りを取り囲む自然との協調を説いているところです。
鮎が好きな人はぜひ一度読むことをお勧めします。
posted by COOL-1 at 21:58| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

本日の那珂川(黒羽地区)

今日は、月曜日で僕の定休日。
夏休みといったところでしょうか。
今日は、黒羽地区でも北の方に入っていました。

朝早くと夕方竿出ししました。
ヤマメの方は、この増水で動きがあったと思いましたが、当たりなし。

鮎にスイッチ。
水はありますが、濁りはあまりない状態です。
苔が飛んでいるせいか、友釣りの方は苦戦していました。
僕は毛鉤なので、型の良い物を5匹釣って家業へ。

夕方再び竿出ししましたが、朝早くからいた方がまだ頑張っていました。
夕方も型の良い物を10匹。

今日は型の良い物を解凍して50匹の塩焼き。
息子もばりばり頭から食べています。
家族の笑顔を見ていると、なかなか釣れない本流ヤマメだけには絞れないのです。

やっぱり、黒羽地区と限定して本流ヤマメを釣るのは大変です。
posted by COOL-1 at 21:06| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どぶ釣りは、ひっかけるものではない

那珂川で毛鉤をしている人で、高速で竿を上下する人達がいる。
落ち鮎の頃の堰付近でよく見かける。
黒羽地区でも見かけるが、これはどぶ釣りではない。
ただのひっかけだ。

鮎を商売にしている人もいるので、あまり言いたくないが醜い。
どぶ釣り、いや鮎毛鉤の優雅さはない。

スレが多い?
どうしても別の針に食いつこうとして、違う針にかかることもある。
しかし、この人達はわざとそれをやっているのだ。

8月過ぎても、朝夕きちんとポイントをせめて餌のように毛鉤を動かせばちゃんと食いついてきます。
僕は、スレはほとんどない。
確実に針を食わせる。

どんな状況でも時間と場所を選べば、10匹は釣れます。
今の時期は型も良い物です。

どぶ釣りが軽く見られるのは、こういったところからだ。
見かけてもとやかく言わないが、一緒に釣りはしたくない。

posted by COOL-1 at 19:17| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

デリカD5の燃費が意外にいい

僕のデリカD5(Gプレミアム)の燃費ですが、思ったよりいいです。
典型的な地方の小さな都市で職場近くは渋滞があります。
走行は常に4WDです。
スピードは出す方じゃありません。

これで平均燃費が9.5キロ。
平均車速は34キロ。

前方をよく見て車間距離が詰まる前にアクセルオフ。
信号が赤ならアクセルオフ。
発進、加速は他の車に迷惑が掛からない程度にゆっくり。

高速は、クルコン使うより自分の足の方が燃費が良い感じがします。

これでタイヤ交換したらさらに伸びそうです。
posted by COOL-1 at 09:46| Comment(0) | デリカD5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

那珂川(黒羽地区)に鮎はたくさんいます。

RIMG0033.JPG

写真は那珂川(黒羽地区)の水中写真です。
見にくいですが、鮎がたくさん写ってます。
小鮎から型の良い物まで。

今日は、町裏で花火大会。
賑わっているんでしょうね。
僕は、音を聞くだけ。

仕事帰りに、急いで釣りの準備。
ウエイダー履いて川の中。
7匹ほど釣れました。
ここ最近のダムの放流の影響で白っぽい鮎も釣れました。

朝夕だったら絶対に毛鉤の方が有利です。
毛鉤は、型が小さいなんて言ってる人はそれこそ鮎の、那珂川の真の姿を見ていない人です。
他人のまねばかりしていては、いつまでたっても釣れません。
posted by COOL-1 at 21:07| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

N-box買いました

N-box買いました。
商用車の軽トラ、軽バンは、仕事用で持っていますが、普通軽自動車は初めて。
値段もびっくりの値段ですが、これ一台あれば他に要らないってくらい凄いもんです。
静かだし、乗り心地良いし。
ほんとにコストパフォーマンスが高い。

名前がなんと言っても良い。
SSエディション!!
鈴鹿のことらしいですが、僕には関係なし。
息子のイニシャルです。

さて、盆休みもない僕は静かに仕事をこなしています。
今日はさすがに皆さん帰りが早かったですね。
僕も定時に鍵を閉めて帰りました。

毎年お盆の渋滞がとかニュースで流してますが、会社も少しは考えてお盆休みを分散できないもんですかね。
posted by COOL-1 at 21:47| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

本日の那珂川(黒羽地区)

RIMG0034.JPG

今日の那珂川(黒羽地区)ですが、濁りはだいぶ取れて笹濁りに近い状態に。
水量はずいぶん減りましたが、友釣りの人にはまだ厳しそうです。
毛鉤の人にはいい状態です。
しかし、まだまだ水量はありますので、川に入る人は十分注意してください。

さて、お盆休みのない僕は夕方少し竿出し。
9匹でした。
顔もだんだん鷲のような精悍な顔つきになってきましたね。

どぶ釣りは、もう終わりだと思っている方。
そんなことありません。
苔の状態が悪いときはチャンスです。
特に朝夕は解禁当初ほど釣れなくなりましたが、大物がねらえます。

淵ではウグイ、オイカワだらけですが本流のちょっとしたトロで狙えます。
縄張りを持っていても、食べるのは苔だけではありません。
ゆっくりふわっと羽毛布団のように毛鉤を操作できれば、まだまだ釣れます。
どぶ釣り仲間の方、頑張りましょう。
posted by COOL-1 at 19:51| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

本日の那珂川(黒羽地区)

本日の那珂川ですが1日雨でしたね。
ダムの放流も少なくなったといえ、放流量は増えているので白っぽい川になってます。
減水した水もまたじわじわ増え始めました。

ただ、最近の那珂川(黒羽地区)は濁りが取れるのも減水するのも早いです。
ただ、砂利を食っているので、明日以降釣りになったとしても鮎は内臓を取り除いたほうがいいです。

夕方から雨が降っていないので、明日は水量が多いものの釣りが全くできない訳ではないと思います。
できなければ支流もしくは上流が良いと思います。

ちなみにダムの放流情報は、メールで受け取ることができます。
那珂川(黒羽地区)で釣りをやる人はぜひ登録しましょう。
川の真ん中に取り残されたら、命も危険です。

那珂川(黒羽地区)の情報なら地元の大田原市のホームぺージです。

栃木県全体なら栃木県のホームページです。
posted by COOL-1 at 20:38| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

本日の那珂川(黒羽地区)

RIMG0025.JPG

本日の那珂川(黒羽地区)です。
かなり水が出ましたが、水が減るのも早かったです。
色が違うところが本流。
水が綺麗なところが堂川からの流れです。
こちら側では、友釣りも可能です。

さて、僕は本流ヤマメを求めて支流からの合流をあちこち流しましたが、当たりなし。
さすがに釣りになりません。
ポイントまでの距離が遠すぎます。
うまくスプーンを乗せられません。

で、鮎にスイッチ。
最近は人の居ない所で釣りをしているので、久しぶりにどぶ釣り激戦区へ。
予想どうり、釣り仲間の方々が陣取っていました。
型も良いものが釣れていました。

別の場所に移動して釣り開始。
濁りがあるので赤系の毛鉤で。

RIMG0027.JPG

型が良い物も含めて21匹。
この時期の鮎は良いですね。
毛鉤ならではの口に咥えた鮎の全力の引きは心地のいいものです。

さて、明日からはサラリーマン業のお仕事。
お盆休みも、夏休みもありません。
頭の中はいつお休みしようか考え中。

posted by COOL-1 at 19:28| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

本日の那珂川(黒羽地区)

本日の那珂川(黒羽地区)です。
午前中は、降ったり止んだり、時折薄日が差す天気でした。
水量もそれほど増えていなかったので、町裏などで竿を出していた人もいたみたいです。

一転午後は激しい雨が降りました。
町裏は表に出ていた浅瀬もなくなり、高岩上も、屏風岩も、二つ滝も完全に濁流です。
板室ダムの放流が午後2時45分から、蛇尾川ダムも午後5時から流入量の増加から放流量を増やしました。
ただ前回のダイワの大会の日ほど白くはなっていません。
ただ、苔は飛んでいると思われますので、友釣りはしばらく苦戦しそうです。
逆に、毛鉤の人達はチャンスとなります。

夕方高岩で見ていたら、浅瀬だったところが深くなったので、鈍い銀色の魚体が上流に登って行きました。
目で確認できるものは1匹ですが、確実にヤマメは存在します。

那珂川でヤマメを狙っている人は、まだまだ諦めてはいけません。
難しい那珂川で釣ってこそ、男です。
なんて、那珂川でやっている人達はだからこそ朝早くから諦めずに春からやっているんですもんね。
銀色の太い奴釣ってやりましょう。
posted by COOL-1 at 20:09| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

曲げられないじゃなくて曲がない

そのままにすることもできた。
見知らぬふりをすることもできた。
何もしないでいることもできた。
サボることもできた。
楽することもできた。
仕事をわざわざ増やすこともなかった。

でも、1人の人間として後悔だけはしたくなかった。
地位や名誉じゃない。
譲れないものがある。

他の人に苦労させたくない。

分かる人だけ、読み取ってください。
話すのは心の中で。
正直辛かった。
posted by COOL-1 at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

本日の那珂川(黒羽地区)

今日の那珂川(黒羽地区)ですが、水は減り、鮎の友釣りの方々は、いままで入れなかったところに入れるので良いかもしれません。
しかし、あまりにも雨が降りません。
天気予報が全く当たっていません。
いくら水が減ったとはいえ、これだけ雨が降らないと魚も神経質になってきます。
水中の酸素が減り、さらに流れの緩い所には藻が凄い勢いで伸びています。
魚の水質としては悪い条件。
そろそろ恵みの雨が欲しいところです。
鮎のサイズが小さくなったと皆口々にいってます。
僕も今日は、夕方5匹で全部15センチ以下なので放流です。
posted by COOL-1 at 21:48| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

那珂川北部漁協の駄目な監視員

RIMG0018.JPG

僕の愛する川、那珂川(黒羽地区)の水中写真です。
定休日の僕は、朝と夕方竿出しです。

結果、ヤマメはフックしましたが最後のきりもみで目の前でバラシ。
40センチクラスの綺麗な銀色のヤマメです。
放流のニジマスも2匹釣れて、合計3匹。
僕のポイントではこれ以上無理でしょう。
ヤマメを釣り落としたのが、痛い。

今日は、漁協の監視員が回ってきました。
普段何もしない監視員がなぜ来たのかわかりませんが、遊漁証を見せました。
しかしこの監視員、かなりイラつかせてくれました。

まず。自分の身分を明かさない。
何を釣っているのですかと聞かれたので、「ヤマメとニジマスと鮎です。」
と答えたら、
「ヤマメは余笹川が良いですよ。30センチが釣れています。」
「サクラマスは大雨(随分前)で、矢組の上に遡上してしまっていて、ここにはいないとか。」

そんなもん黒羽地区で本流ヤマメをやっている人が聞いたら大笑いする無知。
これで漁協の監視員だって。
遊漁証の料金上げたんだからそれなりの仕事しろ。
無知を語るな。

まっ。お世話にはなっていないが、相手は権利は持っているので、口ではご苦労様と言いましたが、普通じゃ許さないよ。
posted by COOL-1 at 20:00| Comment(2) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

本日の那珂川(黒羽地区)

本日の那珂川(黒羽地区)ですが、僕は仕事が終わってから少し竿出し。
この土日でかなりの人が入って、場所はかなり荒れていましたね。

特にアユの友釣りの人達は、ざぶざぶ音を立てて移動するので余計ですね。
釣れたという情報を携帯で聞くと、何かに取りつかれたように川の中走ってます。
それでも釣れてしまうのが友釣りなんですが。
あまりカッコいい釣りとは思えません。

さて、どこに入ろうか考えて入りました。
結果は5匹。
15センチ以下なので全て放流。
短時間なのでこんなものでしょう。

そうそう、ルアーの人には今の那珂川(黒羽地区)は楽しめます。
漁協が、支部単位で釣り大会を実施してるので養殖もののニジマスが本流に入ります。
野生化した2年目、3年目のものは引きが強いですが、養殖物は引きが弱いです。
でも、釣れないよりはましですね。

しかし、この釣り大会。
僕ももちろん組合員ですが、手紙の一つくらい出してもいいですよね。
地元の釣具店以外情報が入りません。
このあたり那珂川北部漁協もしっかりして欲しいものです。
posted by COOL-1 at 22:08| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

本日の那珂川(黒羽地区)

IMGP7039.JPG

水は平水と言っていいほどです。
アカも随分ついてきた模様。
鮎も昼間はそちらを食べているのでしょう、毛鉤は難しいです。
と言っても瀬から飛び出してきて鮎は毛鉤に食いつくので、無理なことではありません。

僕は夕方ルアーをちょっとだけ。
と思ったら10投ぐらいでヒット。
引きが良かったのでヤマメかと思いましたが、ジャンプされました(T_T)
ニジマスです。
その後は当たりもなく、鮎へスイッチ。
大きいものが釣れるようになりましたね。
もちろん全て毛鉤です。

一番上のニジマスは32センチ。
その下の鮎は23センチ。
いつものとおり、鮎の15センチ以下は放流。

朝夕を狙いポイントを見つけられれば確実に釣果があります。
ニジマスは流心脇をダウンで攻める那珂川の鉄則。
使用ルアーは、もちろんチヌークで21gです。
カラーは緑と黄色。

明日は日曜日ということもあり、町裏にはテントが並んでいました。
皆さん良い釣りを!
posted by COOL-1 at 21:33| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。