2016年05月15日

自転車の補助輪はずし

IMGP0262.JPG

しばらく自転車に興味を持っていなかったうちの子ども。
朝から仮面ライダーを見たせいか自転車に乗ると。

片方の補助輪は外してあったのですが、もう片方はついたままでした。

これが六角レンチでさびさびで動きません。
ここは電動工具の出番です。
潔く切断しました。

これからは自転車となると骨折している僕はついていけません。
本人は笑いながらスイスイ乗っています。

やっぱりヘルメット必要かなとか交通事故が心配になる親父です。
posted by COOL-1 at 17:58| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歩いて骨折のリハビリ

IMGP0261.JPG

骨折のリハビリという訳でもないが、歩いてます。
今流行の言葉でウォーキング。

実はそんな難しいものじゃなくて、単に子どもの相手ともいいます。
子どもの一日に歩く距離って半端じゃないのです。
それが2人。

今日は歩きすぎて土踏まずが痛くなりました。
どうりで我が家の子どもは太らない訳だ。

これから午後も付き合うのですが、お昼寝してくれることを願ってます。
posted by COOL-1 at 12:00| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

自転車嫌いな息子

IMGP0243.JPG

誕生日に買ってあげた自転車。
5歳の息子は全く興味を持ちません。

ストライダーをいまだに乗ってます。
本人にとってはこちらの方が楽しいようです。

ちょうど下の子がストライダー乗ってるので一緒に遊びたいようです。
なんとかして自転車に興味を持つ方法ってないですかね。

子どもは思うようにはなってくれないものです。

posted by COOL-1 at 07:20| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

お父さんと言えるように

2歳の次男が「お父さん」と言えるようになりました。
つい最近生まれた気がしますが、しっかり成長してます。
お父さんとしては、可愛い限り。

長男は年長さんになり、来年は小学校。
こどもの成長は早いです。

どうしても、この時期次男ばかりに手がかかってしまいます。
長男は寂しい思いをしてるんじゃないかと思うこともしばし。

僕はかなり遅くなって父親になりましたが、子を持つ親の悩みは一緒ですね。
posted by COOL-1 at 07:36| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

嫁がインフルエンザA型に

嫁がどこで貰ってきたのかインフルエンザA型に。
今ほとんど授乳はしていないが、11カ月になる乳児もいる。
もらった薬はタミフル。
夜間なので専門外のお医者さんが診察したのですが、インフルエンザに罹って5日は授乳しないようにと。

あれ?
子どもが生まれた時に聞いた話と違う。
母乳は、あげてもいいと言われたはずだ。
インフルエンザはは、飛沫感染があるが母乳からの感染は考えられないというのが日本産婦人科学会の意見だ。
タミフルの母乳からの影響も同様だ。

こういう場合、物凄く迷う。
確率論で言えば、ゼロにはならないだろうけど、限りなくゼロに近いんだろう。

しかし、我が家の場合母乳以外のミルクを飲んだことない。
もし、アレルギー反応を起こしたらと考えるとそのことの方が怖い。

という訳で、我が家ではタミフルを飲んでいても授乳はすることに決定。
やはり最後は自分の意志で。
それにしても、我が家の大黒柱は嫁だと痛感。
やっぱり小さな子を持つ母親は大変だ。
posted by COOL-1 at 09:05| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

こどもは、だませない。

僕が考え事をしていると、こどもが何怒っているの?と。
別に怒っているわけではないのですが、こどもは、正直ですね。
こどもと接しているのに、いつの間にか仕事のことをや悩みごとを考えている自分を反省しました。
こどもに隠し事はできないですね。
posted by COOL-1 at 21:17| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

お食い初め

IMGP7013.JPG

我が家の次男坊も早いもんで、お食い初めです。
普通は鯛でしょうが、我が家は天然鮎です。

30匹ほど那珂川(黒羽地区)で釣ってきました。
支流には入りません。
意地でも本流です。

今日は鮎釣りに来てた人から、鮎料理のちょっとしたコツを聞いてそれを実践。
うまくいきました。

さて、那珂川(黒羽地区)ですが、まだ水量がかなりあります。
本当はサクラマスといきたかったところですが、無理でした。

この時期の那珂川(黒羽地区)は、鮎の人達がたくさんいるのでかなり苦戦します。
鮎もそれなりに楽しいのですが、サクラマスの魅力にはかないません。

なんとか1本あげたいな。
posted by COOL-1 at 18:17| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

こどもに寝せてもらう僕

IMGP6692.JPG

精神安定剤やら抗鬱剤やら向精神薬を10数錠飲んでいる僕。
今日も社長をはじめお偉いさま全員出席の会議でした。
社長をはじめ、上司に助けてもらいました。

前日はもちろん眠れない。
眠気のない僕には、寝ることが幸せだ。
しかし、救世主がいる。

それがわが子。
もうすぐ2カ月になる息子を毎日寝かせているのだが、いつの間にか寝ている。
どんな薬よりも効く薬です。
苦労して授かった子どもは、実は面倒見ているのではなく、面倒を見てくれているのだ。
仕事の押し付け合いやらくだらない争いをしていた以前の職場とは違って、今は感謝の日々。
だったら自分がやりますと何度言ったことか。

休日が出勤になった今の職場で子どもと遊ぶ時間は減りましたが、その分内容の濃い充実した毎日を送っています。
本当に周りの人や家族に感謝の気持ちでいっぱいです。
posted by COOL-1 at 22:07| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

次男の1か月検診でした

IMGP6618.JPG

写真は、我が家の庭で一番妖艶で美しい椿。
色は黒です。
普通の椿よりも小さな花ですが、目立ちます。

さて、早いもので次男坊の1か月検診。
体格の良いうちの家系を引き継ぎ、でかいです。
ちなみに太っている人はいません。

僕は、仕事が忙しくて行けなかったのですがお医者様もびっくり。
長男の時もそうでしたが母子手帳の平均の帯から突き出ています。
身長60センチ。
体重5,550グラム。
すでに首はしっかりしていて、自分で首を持ち上げます。

年少さんの長男は誕生日遅いけれども、一番大きい。
そして、恐ろしくすばしっこい。
これがもう一人となると嬉しい悲鳴ですが、お父さんの体力が・・・・

これから草刈りのシーズンです。
これで体を鍛えなきゃ。
posted by COOL-1 at 22:18| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

赤ちゃんが家にやってきました

無事、嫁と赤ちゃんが家に戻ってきました。
夕方保育園から帰ってきた長男は大はしゃぎ。
どちらからというと、弟がやってきた喜びよりもお母さんが帰ってきた喜びの方が大きいようです。
posted by COOL-1 at 17:38| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

明日は嫁と赤ちゃんの退院

いよいよ明日は、嫁と赤ちゃんが退院します。
家族が1人増えます。
毎日仕事帰りに病院に寄るのですが、とても楽しみ。
母子ともに順調で退院前に体重が増えてきました。
上の子もとても大きいのですが、さらに大きくなりそうです。
明日から赤ちゃんの泣き声を毎晩聴くのが楽しみです。


posted by COOL-1 at 20:42| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

雨上がりの虹

IMGP6484.JPG

今日はあいにくの雨の栃木県北でしたね。
昨日生まれた子どもに病室の窓から雨を見せていました。
一体どんな風に見えたのでしょうか。

そして帰り道。
雨上がりの空をふと見上げると綺麗な半円形の虹が。
これまでいろいろあった私たち夫婦の人生を見ているようでした。
posted by COOL-1 at 19:04| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

子どもが生まれました

本日も那珂川(黒羽地区)といきたいところですが。
午前1時34分男の子を授かりました。
2人の男の子でこれからどうなるのやら。
お互い高齢出産ですが、陣痛が始まり、病院に行き1時間もしないで無事産んでくれました。
安産を希望する人は、このブログでパワーを貰ってください。
本当は陣痛促進剤で4月1日入院予定が入っていたのですが、親孝行な子です。
そう言えば最初の子も、逆子で帝王切開の日に戻っていて普通分娩だったんですよね。
しかも、分娩時間1時間。
苦労した分出産にはいろいろところから力を貰ってる気がします。
posted by COOL-1 at 19:14| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

豪華なミニバンなのにチャイルドシートしていない

僕が、保育園に子どもを送迎しに行くことがあるんですが、チャイルドシートの装着率が低いです。
先日も隣に止めた2台のトヨタの偉そうなミニバン。
子どもをスライドドアから入れると運転席に乗り込みスマホ弄り。
その車、そのスマホ購入できるなら、チャイルドシート買いましょうよ。
車外放出された子どもの亡骸を見たことある僕には信じられない姿です。
自分がその当事者にならないと分からないのだとしたら、子どもがあまりにも可哀そうです。
警察の検挙率もスモークガラスのせいで上がらないでしょうね。
いっそのこと、子どもを乗せる車はスモークガラスを禁止にすればいいのではないしょうか。
紫外線等の長時間浴びると子どもに影響がでるものは透明なガラスで十分対応可能です。
posted by COOL-1 at 19:22| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

連休のようで連休じゃない

連休ですが、嫁がいつこどもを産んでもおかしくないので、気が休まりません。
その分産まれたときの幸せは大きいので楽しみでもあります。
こどもをお持ちの皆さん。
特にこどもになかなか恵まれなかった人。
この時のこと覚えていますか。
人はこの喜びを忘れてしまいがちですよね。
それから奥さんへの気持ちも。
子どもの誕生日は、奥さんの出産記念日でもあるんですよ。
だから僕は2人に感謝。
無事を祈るだけです。
posted by COOL-1 at 21:01| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

雪と言えば雪だるまですね

IMGP6410.JPG

雪と言えば雪だるまですね。
この雪のおかげで、こどもの身長を遥かに超えた雪だるまが完成しました。
しかし、この雪だるま我が家の暴れん坊がキック攻撃を何度も繰り返すのでボロボロに。
この後、全身お着替えになったのは言うまでもありません。
posted by COOL-1 at 11:44| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

黒羽運動公園の芝生でそり遊び

IMGP6376.JPG

今日はデリカD5のデッドニングを朝早く子どもが起きる前に施工。
子どもが起きた時点で中止となるので少しずつしかできませんが、確実に結果が出てます。
子どもが起きてからは、ドングリの話や庭の葉が落ちた木についてお話。
が、すぐに飽きてしまい自転車(T_T)

午後は、黒羽運動公園で芝生のそりすべりです。
ここは絶好のそりポイントで僕は雪用を使っていますが、より摩擦係数の少ない素材を使っている強者もいます。
素材では勝てそうにないので、そりをステッカーチューン。
これで少し速く滑れそうです。


posted by COOL-1 at 18:04| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

保育園のこども参観

IMGP6172.JPG

保育園のこども参観の案内が来た。
行き慣れた保育園とはいえ、部屋に入ると眩暈がする。
頑張って行こうと思ったら、朝からお昼まで車の移動はできませんと書いてある。
具合が悪くなったら、みんなにかなり迷惑をかけてしまう。
そうこんなマイナス思考が頭の中から離れなくなり、それしか考えなくなる。
これがうつ病の症状だ。
せめて日付を変えて1日1クラスにして欲しいのが正直なところ。
このまま出席しても夜嘔吐し死にそうになるのが目に見えている。
そんな訳で、昨夜は眠れず、朝缶コーヒーと水を買ったつもりが、缶コーヒー同じもの2本買っていた。
飲むまで気づかなかった。
笑える。
posted by COOL-1 at 21:15| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

子どもとのふれあい

IMGP6167.JPG

今日は子どもと朝から那珂川に出陣。
高岩という川を真上から見渡せるところから鮭の観察。
どうしてお魚は死んでしまうの?
海にからなぜ戻ってくるの?

子どもの質問ながら、生き物の根源をストレートに突いた難問だ。

そして河原を走る。
一心不乱に走る。
が、階段には弱い。
なぜか登らないと気が済まないのだ。

人生寄り道が必要な時期もある。
posted by COOL-1 at 20:31| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

11月ですね

IMGP6021.JPG

最近仕事に追われて日が経つのが早いのです。
あっというまに11月。
朝行っていつの間にか夕方。
余計なことを考えないので、幸せなんでしょうね。
さて、明日は肉体労働。
先日18トンを手で運んだんですが、それの続き。
終われば休日。
子どもに遊びを教えなければ。
posted by COOL-1 at 21:34| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

子どもの成長は早い

IMGP6010.JPG

早いもので自分の子どもも、もうすぐ3歳。
おしゃべりも上手で、きちんと会話できる。
数字もいつの間にか10まで数えられるように。
アルファベットまで。
最近の保育所は、歌でいろいろ覚えさせるんですね。
しばらくサッカーにハマっていましたが、最近は野球に。
おもちゃのバットでボールを打つのが楽しくてしょうがないらしい。
元気に親に迷惑かけることもなく育ってくれているのが嬉しい。
posted by COOL-1 at 20:56| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

恐怖の運動会

DSCF0004.JPG

僕は、これまで何度も書いてきたとおり「うつ」です。
しかも、障害が残るほどの「うつ」で手帳も持っています。

そして、子どもの運動会がかなり苦手だと言うのは昨日の日記。
が、その先があった。
本日、こどものプログラムを嫁に見せられた。
・・・・「親子かけっこ」・・・・体が凍った。
嫁は大事な妊娠初期。
僕が出場しなければならない。

だれだー!!!「親子〇〇」を競技に入れたのは!!!
今日から競技が終わるまで頭から離れない、眠れない。
笑いたいが、笑えない(T_T)
posted by COOL-1 at 19:34| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

いたずら盛り

DSCF0200.JPG

ただ今、息子が悪戯盛りです。
嫁もつわりで片付けどころの騒ぎじゃない。
届かないようにと思っていても、椅子を持ってきてちらかしまくり。
今警察が来たら、泥棒が入ったと思うでしょう。
その位酷い。
書類が信じられないところに行ってしまう。
引き出しに入れても無駄だ。
いったいどうしたらいいんだ。
posted by COOL-1 at 22:30| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

嫁が12週に入りました

IMGP5838.JPG

嫁が12週になりました。
不妊治療、高齢出産に、不育症ときて毎週の診察で頭のノロい僕は不安でいっぱいだ。
胎児は順調。

ただし薬は手放せません。
週一の診察も欠かせません。
つわりも絶好調でブログを書く時間がありません。

診察日の嫁からのメールはすぐに開けません。
何度も流産している人だったらこの気持ちわかると思います。
昔は、子供出来たらどうしようとか冗談めいて話していましたが、今は全く笑えません。
下ネタいう人は、拒絶反応が出て、反射的に手が出そうです。
まっ、それは冗談として、普通の人には味わえない辛さを知りました。
人には少し優しくなれたかな。
posted by COOL-1 at 20:52| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

流産そして命を授かる

IMGP5824.JPG

何度も書いているとおり、僕の嫁は3度流産そして手術している。
僕たちは、もう10年くらいは不妊治療をしている。
そして、その間に嫁にガンが発見。
手術そして抗癌剤治療。
寛解後、まだ決してあきらめない嫁は、不妊治療開始。
4度目の妊娠でやっと子どもを授かった。
そして、その後不妊治療開始。
最近子どもを授かり今10週目です。
いったいどれくらいの時間と費用を費やしたのだろう。
貯金もほとんどない。
最近僕が精神的に不安定になっていたのはそのためだ。
病気が再発したら?また流産したら?
今が正しいのかは分からない。
自分を責め続ける日もある。
でも、ここに正直に書くことで少し気分が和らぐ。
後は、わが子の生命力を信じるだけ。
そして、頑張れ嫁。
posted by COOL-1 at 18:38| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

子育てを楽しく

IMGP5729.JPG

子育てが大変とよく言う人がいます。
子どもに恵まれない人や子どもに10年経ってやっと出会った僕からすれば、贅沢病です。
大変という時点で、恵まれていることに気づいていないんでしょうね。
確かに、自分の時間は無くなる。
有給は子どもで全部埋まる。
僕は脳梗塞の親父も面倒見ているから、さらに大変です。
あれっ僕も言ってる(^^♪

でもね、短い時間でいいのです。
子どもと楽しめることを探せばいいのです。
見つからない?
いや、近すぎて見えないだけです。
近くの川に住む生き物を子どもに見せましたか。
近くの公園の木を一緒に調べてみましたか。
どんぐりを探してみましたか。

僕は、空いた時間で昔やっていた釣りを始めました。
道具は今でも十分通用します。
土日の農作業の間、近くの川で遊ぶだけでも楽しいものです。
ちなみに僕は漁協の組合員で、釣り券(全部の魚が釣れる券)を持っています。
釣れなくてもいいんです。
習い事もいいですが、親が子どもに教えるのが一番。
僕は、けっして立派な人ではありませんが、駄目なりに素の姿を見せたいのです。
不思議なもので、こう考えてると僕自身も楽しくなるものです。
posted by COOL-1 at 19:52| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

ノロウイルスがやってきた

IMGP0377.JPG

新年早々子どもが吐いてるな〜なんて思っていたら、それを掃除している僕と嫁に感染しました。
僕はトイレから離れたくないくらいで、ちょっと気持ち悪いくらいですが、嫁は寝込んでおります。
恐るべしノロウイルス。
凄まじい感染力だ。
しかも、潜伏期間が短い。
直ぐに症状が出る。
パチンコの潜伏だったらありがたいのだが、これは困ったものだ。
ちなみに僕は4日締め切りという鬼のような仕事が待っているのであるが・・・・

それにしても今日は凄い風。
昨日車ピカピカにして良かった。
posted by COOL-1 at 11:49| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

一升餅を作ってみた

今日は、子供の1歳の誕生日でした。
ママたちの集まりの中ではお誕生会があるようですが、僕はお仕事。
でも、早めに切り上げて家に帰りました。

でも、家に帰ると一升餅の用意が。
これは、、「一生丸く長生き出来るように」との願いから生まれたそうな。
一升餅の重さを量ってみたら、まだ水分が多く2.24キロありました。

リュックなんてあるはずもなく、布に包んで背負ってもらいました。
やはり、この重さは辛く、いつもは走っているわが子も、10歩位歩くと座り込んでしまいました。
わざと転ばすのが、正しい方法なのですが、勝手にこけるので良しとしました。

それにしても人間の成長は早いですね。
広い芝生の上で、いつも日に当てて育てたせいか、風邪も引きにくく、熱があってもすぐに治りました。
おかげさまで寝込むことも一度もありませんでした。

これからも元気に育ってと祈るばかりです。
放射線量の高い地域に住んでいますが、今の放射線量(0.3マイクロシーベルト)では、心配ない値。
やはり外が一番ですね。
日中は広い芝生のある公園で遊んでいます。

家の中にずっといて、外の空気に触れない影響、ストレスの方がはるかに問題だと思います。
人見知りもせず、プールも大好きで、お風呂に入るのが大好き。
夜もぐっすり寝てくれています。

私と違って、嫁の積極的なところが似てくれてよかった。
posted by COOL-1 at 21:44| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

手足口病が流行っているみたい。

こどもに手足口病が流行っているみたい。
うちの子供も7か月位で感染しましたが、39度くらいの熱が2日続いてました。
赤ちゃんなので毎日接していても気づかず、予防接種の時に熱が高いことが判明しました。
口の中の口内炎もすぐに治り、いつもどおりの生活に。

僕は、毎年のようにかかる夏風邪も今年はエアコンを使わないので、ひかずにすみそう。
エアコン苦手な僕の体にとってはいい夏である。
posted by COOL-1 at 20:58| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

パソコンのキーが大変な事に。

僕の愛用のノートパソコンが操作不能になってます。
と言っても、中身ではなくキーボードが無くなりました。
犯人は、うちの息子。

ご丁寧に、キーボードのキーをほとんど外した挙句、その下のゴムの部分やら、プラスチック部分まで。
キーがハマりません。
つめも折れています・・・

でも、これで新しいパソコンを購入するきっかけとなりました。
安くていいので、壊れにくい物が希望です。
posted by COOL-1 at 21:09| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

初めての父の日

今日は父の日。
自分の父親にプレゼントをあげた。

食事の後、妻から何気なく渡されたクールビズ靴下。
そう言えば、今日が僕の初めての父の日だった。

40歳、約10年間苦しんだ不妊治療。
妻のガンや僕のうつ病、3度の流産。

妻と共に苦しみながらやっとつかんだこの日。

40歳を超えると涙腺が弱くなるようです。
posted by COOL-1 at 21:37| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

日本は捨てたもんじゃない

最近嫁が、買い物したあと子どもを抱っこしたまま、カートを押して駐車場に行こうとしたら、女性の方に話しかけられ、カートを車まで持ってくださり、さらにカートを返すのこともして頂いたそうです。

最近の物騒な世の中、最初は変な人かと思ったらしいのですが、話してみるとそんな人じゃなく、「こどもを育てるのは大変だけど、がんばって」と言われたそうです。

世の中、悪いことだけニュースで流れるので、そういう人だらけと思われがちですが、そんな人はごく少数で、ほとんどの人がいい人なんです。
嫁も反省してました。

ネットや昼間のどうしようもない情報番組に依存している人は、悪い情報や噂ばかりを聞く事になるので、それが全てと思ってしまうところがあるような気がします。

うちの職場にも、男女問わず毎日ように来たり、電話で粗探しをしている人がいますが、この人達は一体、昼間何してるのだろうか?社会との付き合いはあるのだろうかとふと疑問に思います。
posted by COOL-1 at 05:19| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

内祝いの日々

おかげ様でたくさんの人達にお祝いを頂き、金曜日から休暇をもらいお礼のご挨拶に。
職場の人、近所の人、県内外の親戚の方々ほんとうにありがとうございました。

嫁と私の体格に似て、1ヵ月とは思えないビックサイズの赤ちゃんに皆さんびっくり。
母乳もものすごい勢いで飲んでいます。
ぐずることもあまり無く、夜もしっかり寝てくれるので、親思いのいい子です。

おかげで大人しく皆さんに抱っこしてもらいました。
3日かかりましたが、顔を見て御礼を言えて良かったです。
辛い日々を送っていたので皆さんの涙に僕も本当にありがとうの気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。
posted by COOL-1 at 19:39| Comment(2) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

妻の里帰り終了

今週末を利用して、妻の里帰りが終了します。
ホントは、もっと居させてあげて、妻の両親に孫を存分に見せてあげたかったのですが、僕のうつ病の発作を考えると、あまり1人にしておけない事情があります。

寝ている間に、吐いたり、気を失ってしまったりするので、妻がいないと本当に危ないことがあるのです。

でも、子どもが帰ってくるのは、正直言うと嬉しい。
川の字で寝るのが、僕の夢であったのです。
10年にも及ぶ僕達の思いを早く子どもに伝えたい。
そして、感謝したい。
posted by COOL-1 at 23:02| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

こどもがいない人への配慮

僕は、10年間子どもに恵まれなかった。
だから、今回子どもが生まれたことは、とても嬉しいことだが、子どもがいないことへの辛さも人一倍理解できます。

私の両親にとってもはじめての孫です。
だから、とても喜んでいます。
でも、子供がいない人への配慮も良く分かっている。

田舎であるがゆえに、僕自身が、何度も辛い思いをしてました。
近所の人達の「なぜ子どもをつくらないんだ」「子どもはどうした?」
流産して嫁が平日家にいると「子どもできて休んでいるのか?」など。

悪気はないのでしょうが、人がいない田舎ゆえの残酷さです。
不思議なくらい、みんな子どもがいるのです。

サラリーマンである僕や僕の職場の人には、子どもに恵まれない人がたくさんいます。
こんなことを言われることもないのです。

やはり、夫婦に問題が無く、子どもに恵まれるのはストレスと関係があるのでしょうか。
一人ひとりが好き勝手できる農家とは、その辺で大きな違いがあるような感じがします。

今日は、班の人たちで出産祝いを持ってくるそうです。
ありがたいこととは思う一方、子どもがいない家庭だったらと思うと気が重いです。
付き合いがある人などで個人的に頂くだけでいいのではないかな。

田舎はとてもいいところだけど、若い人が流出していくのも分かる気がします。
posted by COOL-1 at 07:55| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

精一杯の感謝

おかげ様で元気な成長をしている僕のこどもに、いろいろな方々からお祝いやお祝いの言葉を頂いてます。
たいへんありがたいことです。

その中から、今日朝早く職場の人の机の上に1通のお祝いが。
うつ病で休んでいる方が、朝早く誰もいない時間帯に、僕宛のお祝いを置いていってくれたのです。

それがとても嬉しく、同じ病気を持つ身として、精一杯のお祝いを頂いた気がしました。

早く良くなって、一日も早い職場復帰をお待ちしています。

それから、絵本やら着ぐるみを頂いた皆様。
僕も早くここまでの成長を見てみたいです。
ありがとうございました。
posted by COOL-1 at 00:12| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

藤城清治の絵

妻の安産にと4つ葉のクローバーを探してくれてくれた職場の人達。

とても粋な計らいにいつも驚くと共に感動させてもらっています。

今回、出産祝いに頂いたのは、影絵作家藤城清治のレフグラフ。
文学や芸術に詳しい嫁にとってはこれ以上無い贈り物。
「ぶどう酒びんのふしぎな旅」は、藤城清治の影絵で書かれた絵本です。
これを嫁は出産前何度も眺めていました。

この話を職場の人達に話したことが無いのに、たぶん作家を知っていて喜ぶだろうと。

頂いたレフグラフは、直筆のサインと赤ちゃんの誕生月が記載されていました。
この粋な計らいに、感動しました。
本当にありがとうございます。
posted by COOL-1 at 06:49| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

出産の難しさ

当初、妊娠後期に、逆子であり胎児が育っていないと言うことで、10月8日に帝王切開予定でした。
それが直前の診断で逆子が治っているとのことで、予定日の10月22日まで待とうと言う事に。
既に、手術の承諾書、麻酔の同意書等書いた後だったのでびっくり。

そして、予定日より1週間前に破水。
急いで病院に連れて行きました。
陣痛も来ていて、生むために病院でなかば強制的に運動をしていました。

この病院はアロマやフットバス、マッサージ、好きなCDを流してもらったり、いろいろ不安を取り除いてくれるので、妻もリラックスしていました。

しかし、順調だった陣痛が入院2日目、止まってしまいました。
血液にも炎症反応があり、胎児に感染の可能性があるので帝王切開したいと医者より説明があり、再び同意書を書きました。
もちろん、これまでの病気や手術の経過(産道が狭いことが分かっていた)等から危険があることも。

分娩室に運ばれ、手術体制に。
僕は手を握ることしか出来ませんでした。
取り合えず、最初は妊娠誘発剤を使って、できる限り自然分娩にしたいとのことで、妊娠誘発剤を入れ始めたところで、モニターの胎児の心音が小さくなっているとのことで、すごい勢いで病室に医師や助産師、看護婦が8人くらい集まってきました。

診断したら、妊娠誘発剤を赤ちゃんが嫌ったのか、頭が見えているとのこと。
結局、妊娠誘発剤の助けを借りずに自然分娩へ。
産道が狭く、肩まででましたがその後は、嫁の体力も続かず、医者が馬乗りになり子宮を押して赤ちゃんを産ませました。

僕は、病気の関係で出産の邪魔になると考え立会い出産は希望していなかったのですが、結局ほぼ全部立会いに。
それどころか、赤ちゃんの羊水の吸出し、体重、身長測定まで見ることができました。

生まれた赤ちゃんはとても元気で、体重も直前の計測で約2400グラムだったのが約3000グラム。
身長も50センチ。
結局普通でした。
まさに「案ずるより生むが安し」です。

何度も帝王切開を嫌い、妊娠誘発剤も嫌い、お母さんの負担を最小限にしてくれた赤ちゃんは、ほんとに親孝行赤ちゃんです。
天国に行った3人の赤ちゃんが手助けしてくれたんだねと出産後、2人で話していました。

この日は、長くそして短い、人生で一番感動の日でした。
posted by COOL-1 at 07:18| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

妻の涙

これまで、3度流産し、そのたびに「ごめんなさい」「ごめんなさい」と涙していた妻。

抗がん剤治療の時は、心配する僕に「大丈夫」「大丈夫」と逆に励ましていた妻。

今回、家に赤ちゃんを連れて帰ってきた時は、大泣きしていました。
「無事に何事も無く帰ってこれるとは思わなかったから」と。

いつも病院からの帰りは、2人で沈んでいました。
車の中は無言。

里帰りしていますが、家が隣町くらいなので、毎日会社帰りに寄ってます。
オムツの交換、沐浴をしてますが、おっぱいが出せれば僕があげたいくらい。

僕に希望をくれた妻に、感謝すると共に、頑張った分今は少しでも休んで欲しい。
posted by COOL-1 at 06:07| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

無事退院しました

今日、約1週間ぶりに嫁が赤ちゃんを連れて退院しました。
嫁の実家に帰る前にちょっと自宅によって、赤ちゃんを愛犬ギャロ(柴犬)とご先祖様に挨拶。
僕の両親に抱かせてから嫁の実家へ。

車の中でも嫁の家でも、ぐっすり寝ています。
ぐずることなく静かに寝ている赤ちゃんを見て一安心。

チャイルドシートと赤ちゃん乗ってますのステッカー。
なんてことはないのですが、10年来憧れの目で見ていたものです。
流産を繰り返していた時は、見るのも嫌な時もありました。
不思議な気持ちですね。
posted by COOL-1 at 21:31| Comment(2) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

4つ葉のクローバー

病院での妻の出産を終えて、職場に戻ると僕の机の上に、ラミネートされた4つ葉のクローバーが置いてありました。

僕の信頼する職場の上司が、探して作ってくれたものでした。
僕の病気や妻の病気を良く理解してくれている上司で、その気持ちが、とても嬉しかったです。
お金じゃ買えないとても貴重なものでした。

ほんとにありがとうございました。
posted by COOL-1 at 05:37| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

こどもの名前

子どもの名前は、約8年前に最初に流産した子に決めていた名前です。
男の子と女の子の両方の名前を考えていました。
今回は男の子だったので、その名前をつけました。
僕が学生時代に感銘を受けた歴史上の偉人から頂いたのですが、英語なので、日本語読みにして、どう漢字を当てはめるか悩みました。
きっと3人の天国に行ってしまったこども達も喜んでくれていると思います。
posted by COOL-1 at 22:30| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

小さな命を授かりました

ながーい道のりを経て10月19日午後3時59分小さな命を授かりました。
出産も大変な思いをしましたが、それは後日の日記で。
今は、母子共に健康であることが幸せです。
2人とも涙がとまりませんでした。
今までの苦しみがやっと報われました。
残念ながら天国に行ってしまった3人のこどもにも感謝の言葉を言いたい。
posted by COOL-1 at 22:54| Comment(6) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

朝から破水

火曜日の精密検査前に、今日の朝破水しました。
急いで病院へ。
抗生物質を点滴していたら、陣痛が始まりました。
朝から今までずっと付き添いをしていたのですが、10分おきに来る陣痛が痛そうでした。
4度目の妊娠。
今度こそ赤ちゃんの顔が見たいです。
明日も朝早くから付き添うつもりです。
頑張れ嫁!!
posted by COOL-1 at 22:04| Comment(2) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

胎盤が2つ???

いろいろな苦難を乗り越えて来た私達ですが、出産を前にまた、問題が。
妊娠後期になっても、赤ちゃんの成長が止まっていて、臨月になっても体重が増えない。
現在、もう直ぐ予定日ですが2500g。
この数字、しばらく変わっていません。

いろんな検査をしていますが、なんと赤ちゃんは1人なのに、胎盤が2つあることが判明。
栄養が分散していたんですね。

とりあえず、心音を注意深く見ていくしかないそうです。
しばらく、眠れない日々が続いていたんですが、さらに眠れなくなりそうです。
posted by COOL-1 at 19:02| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

球根たくさん買いました。

やはり、たくさんの球根をネットで購入しました。
500球位でしょうか。
びっくりするような数でしょうが、咲いてみるとそうでもありません。
値段的にも安いんです。

やはり、嫁のこれまでの病気や3回の流産、高齢出産と言うこともあり、手術の日が変更になったり、精密検査が必要だったりとなかなか元気な子供の話をお医者さんからは聞けません。

せめて、僕が出来ることは、生まれてきたこどもに美しい庭を見せてあげたい、そこまで考えてるんだよとお腹の中のこどもに話しかけることぐらい。

仕事が手につきません。
posted by COOL-1 at 20:50| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

赤ちゃん準備

赤ちゃんの準備で大変です。
なるべく、身の回りの品は国産で体に良いものを選んであげたい。
こう言うと、赤ちゃんが欲しくても出来ない人には、羨ましいと言う声が聞こえてきそうですが。

僕もその1人でした。
10年かかって初めての子供。

3回の流産、それぞれ掻爬手術、妊娠禁止期間、そして侵入奇胎から半年の抗がん剤治療、また長期の妊娠禁止期間。
僕のうつ病のため男性機能障害。
不妊治療の開始。

そして4人目。
初期に出血し、切迫流産の危険。
悪阻のお陰で体重が減り、点滴生活。
妊娠後期まで、毎日薬と週に一度の通院生活。
自宅での安静が続きました。

ただ今、9ヶ月を過ぎて帝王切開ですが10月初めには生まれてくること予定です。
元気に生まれてくれればそれだけでいい。
この赤ちゃんに感謝の気持ちでいっぱいです。

posted by COOL-1 at 20:38| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

ベビーカーに国産品がない

チャイルドシートについて、調べていたら国内主要メーカーも海外工場で生産をしている事実について先日のブログに書きましたが、ベビーカーについても同様に国産品がないことがわかりました。
どれも中国製。

食べるものには、気を使うのに、肝心な赤ちゃん製品にあまり気を使っていないのが残念。
国産のものはやはり安心、安全だと思うんですけどね。

レカロのベビーカーなんてOEMだし。
ブランドをもっと大事に育てて欲しいな。
posted by COOL-1 at 22:54| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

3回流産後の妊娠

3回の流産と抗がん剤治療そして不妊治療。
手術や抗がん剤の影響で妊娠禁止期間があり、しかも僕ももう直ぐ40歳、嫁も同じような年齢。
こどもを諦めようと考えていました。

しかし、今年の初め頃に再び妊娠反応が。
お医者さんも過去の事情を考慮して、休みを取ることと流産防止の薬を初期から貰っていました。
通院も1週間に1回。

そして、現在妊娠8ヶ月を過ぎて、胎児の体重も平均よりも大きめ。
嫁は自宅で安静が続いていますが、体は異常なし。
あとは、元気な赤ちゃんが生まれてくるのを待つばかり。

この10年ぐらい、子供を望んでも出来ないことの辛さを嫌と言うほど味わいました。
田舎だからなおさらです。

ニュースでは子育て支援の話ばかり、その財源は僕らみたいな人たちの納める税金。

「こどもがいると大変だよ」「こどもで予定がくるうんだよ」「お金たまったでしょう」「子供の行事に参加しなくていいのは、いいよな」「こども迎えに行くの面倒くさいよ」

こんな些細な言葉にも、うつ病が顔をだして、過剰反応して、具合が悪くなったりしました。

それだけじゃなく、物凄く大きなこいのぼりを飾っている家や机に子供の写真を飾ったり、デスクトップを子供の写真にしているのを見ると、ひどく落ち込み、めまいがしました。

こんなことを経験している夫婦もいるですということを知って欲しいと言う事と心が安定してきたので、ここ数回長々と今まで職場の人にも友人にも話していないことを書きました。

もちろん、もっと大変な思いをしている人や身体的理由で子供を持てない人もいると思います。

僕みたいな思いをしている人がいるんだよと言うことをどうしても伝えたかったのです。
posted by COOL-1 at 06:21| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

抗がん剤治療後の妊娠

嫁の抗がん剤治療が終了して、妊娠禁止期間が1年間続きました。
子供が欲しいがために子宮摘出をしない方法で、一生懸命お医者さんは治療してくれました。

そして、1年が過ぎ、妊娠の許可がでました。
しかし、その時の僕は、うつ病に伴い男性機能を失っていました(今も)。

夫婦とも年齢も年齢なので、不妊治療も開始。
そして、まもなくなんとか妊娠。
鼓動も確認できて、おめでとうございますと言われました。
嫁の治療に当時担当していた先生も別な病院に異動していましたが、連絡を取ってくれて、喜んでくれました。

しかし、やはり10週目を過ぎた頃、動かなくなっていました。
嫁は、電話の向こうで何度も「ごめんなさい」と言いながら泣き続けていました。

駆けつけた病院で僕も気を失いました。
ありとあらゆる睡眠薬が効かず、うつ病が激しく襲ってきました。
付き合いの悪い奴、自分の事しか考えない奴と思われていたと思います。
自分の精神が崩壊しそうでした。

こんな時でも、「大丈夫、私は大丈夫だから」という嫁に、随分救われました。
僕は、神様でもなく薬でもなく嫁に救われたのです。

posted by COOL-1 at 20:09| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妻の抗がん剤治療後の僕のうつ病

前回のブログの続きです。
抗がん剤治療後、1年間は妊娠禁止期間がありました。

そして、妻の病気に夜遅くまで、そして週末も看病していたぼくですが、当時大きな仕事を任されていました。
それまでも体調が突然おかしくなることがたびたびありましたが、遂に体にも異変が出てきました。
肝機能障害、腎臓機能の低下、不眠、寝ているときの嘔吐、激しいめまい、耳鳴りや耳が聞こえにくくなる、月に何度も蕁麻疹がでるように。
そして、遊びたい、食べたい、などの欲がなくなり、男性機能も失われました。

ありとあらゆる精密検査を受けて予想どうりうつ病の診断。
それもかなり重度。
この時には、心身症、パニック障害、社会不安障害、も発症していました。
それまでも、会社に行きたくない、行くと会社で吐いてしまう、土日も出かけたくない、不眠症、めまいぐらいでした。

休むように言われましたが、僕にしか出来ない仕事があったので、お医者さんと相談し、職場に事情を話し無理をしないような体制にしてもらうこと、体の異変があったら直ぐに病院に来ること。
2週間に一度必ず病院に来ること。

いきなり、休むことは簡単ですが、それ以上に職場の同僚、上司に説明することが嫌でした。
「なんでお前が」「ずるじゃないの」「逃げてるだけじゃないの」「うつ病にみえないよ」
頭の中で、そう思われるんじゃないのかと妄想が広がるのです。

結果、職場に説明し、職場の理解もあり、今は薬の効果で症状が安定しています。
人生が180度変わった時でもありました。
posted by COOL-1 at 07:27| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

胞状奇胎→侵入奇胎→抗がん剤

今だから言えることですが、現在苦しんでいる方々のために。

うちの嫁は、胎動が確認できても何度も流産してしまう習慣性流産という症状でした。
そのたび手術をしてました。

その後、再び妊娠が発覚したが、胎嚢が確認されても、少しおかしいと言うことで、再び手術。
その結果が、胞状奇胎、しかも運悪く全胞状奇胎という結果に、これは妊婦の500人に1人発生してしまうと言われるもので、運が悪いとしか言いようが無い。
結局、この手術だけで4回。

そして、術後の通院で腫瘍マーカーが下がらないと伝えられる。
全胞状奇胎の10%が移行してしまう侵入奇胎の診断がされたのです。
すでに、この時期に腫瘍は子宮内壁から肺や脳や肝臓に転移している状態でした。

病院で夜、抗がん剤の治療を明日からしたいとのことで、同意しました。
結局、薬があまり効かず何度か薬を変えました。
激しい嘔吐と髪の毛が無くなる嫁を見てとても辛い日々を過ごしていました。

2週間おきに連続5日の抗がん剤治療を結局7回繰り返しました。
治療は半年に及び、途中、肝機能の低下により中断されることもありました。

その後、1年経ちようやく寛解の判断をもらいました。
最初、2年様子を見るといわれたのですが、予想より早く治療が終了しました。

今回この病気について書いたのは、心の整理が着いたこと、この病気で大変な思いをしている夫婦に少しでも役に立てばと思い書きました。

とても、辛い病気ですが必ず治ることを知って欲しいからです。
posted by COOL-1 at 07:23| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

こどもがいないことの辛さ

田舎は景色が美しく、のんびりしていて、住むには良い環境だと思います。

でも、その反面、どうしてもそこで育ち、家業を継いでいるような人は、外に出る機会が無く、どうしても自分勝手になりがちです。

何かあれば直ぐに文句を言ったり、怒鳴ったり。
会社であれば、そんなことも当たり前のことでも、どうしても自分勝手に動いてしまいます。
たいがいは、ちょっとした行き違いなんですけどね。

一番僕達夫婦がショックを受けるのが、こどもがいないことへの話です。

「どうして作らないんだ」
「牛のホルモン剤でも打ったらどうだ」
「だんながへたなんじゃないか」

挙句の果てに、妹のこどもも面倒を見ていたら、近所の酪農している人に、「人のこどもの面倒見ている暇があったら、じぶんのこどもの面倒みたらどうだと」
嫁に向かって言われました。

この人に、悪気は無いと思うのですが、それでも、夫婦ともその日は悔しくて眠れませんでした。
嫁は何時までも泣いていました。
調度、流産して手術を受けた直後でした。

言っていいことと、悪いことの区別がつかないのです。
それは、誰かに怒られたり、注意されたりすることのない環境だからです。
その人に悪気が無いのは、分かっています。

農村や過疎地域から人が離れるのは、こんな原因もあるのです。
自分達で自分の首を絞めているのです。
posted by COOL-1 at 06:56| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

子を持つことの幸せ

職場の先輩がもうすぐ父親になる。
いろいろ苦難を乗り越えて、やっと父親。
出産も前置胎盤で帝王切開になるそうだ。
奥さんの体も心配。
歳は僕より先輩なので、40半ば。

かたや、何の苦労もなく子を授かった人は、そういう人の近くで子供の話ばかり。
それだけじゃなく、風俗の話やら子供できちゃったらどうすんだよ〜とか冗談で言っている。
机は子供の写真にデスクトップまで。

ブログを見ていても、子供の話ばかりのブログや、苦労話なんかが綴られてることが多い。

子供を望んでできない人は、その苦労が味わいたいのである。
我慢しなくちゃならないことは、十分理解できる。
でも、傷つかずにはいられない。

最近の子供を大切にしない親の気持ちは、どんなことがあっても許されることじゃないと思う。

無事元気な赤ちゃんを産んで欲しいなプレゼント
posted by COOL-1 at 20:24| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

子供のいない夫婦の負担増???

昨日の続きになってしまいましたが、インターネットのニュースでこの記事が出ていました。
民主党の政策だそうです。

僕達も3度の流産を経験して、子宮の抗がん剤治療も経験しています。

自分の子供とディズニーランドや遊園地に行く夢を何度、いや、何万回見たことか。
私達夫婦は共稼ぎで扶養控除も無し、もちろん会社からの扶養手当も無い。

僕達は思い悩み、うつ病で通院していますが、世帯の所得で公的扶助も受けられない。

不妊治療で公的負担は手厚く保護すると言いたげですが、私達は妊娠しない訳ではありません。
赤ちゃんが途中で死んでしまうのです。

家だって子供がいたら建てていたでしょう。
子供がいないので立てないのですが、住宅取得控除も受けられない。

いままで会社の組合等で無理やり民主党を応援したこともありますが、今のままでは応援する気になれません。

私達のような田舎に住む若い人たちのつながりは、子供の育成会です。
私の嫁はそれにも参加できません。

私達みたいな夫婦は一体何を楽しみに生きていけばいいのでしょうか?

ごめんなさい。ちょっとムカついてしまいました。
間違いであればいいのですが。


posted by COOL-1 at 19:11| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。